コロナ日記2

昨日もお伝えした通り、私コロナに罹りました!!

今、アパホテルの狭い狭い部屋の一室で療養中で、暇を持て余してるので今日もコロナに罹ってからの事を書きたいと思います。

9月24日金曜日
この日は午後2時に保健所の車が迎えに来てホテルに行く事になっていました。
療養中は病院の入院中の食事みたいなんだったら足りないだろうし、美味しく無さそうなんで大量のカップ麺のうどんとアクエリアスとお菓子と果物を用意しました。
その袋の数、全部で3袋。自分でも少し多過ぎかなって思ってました。
約束の時間になり家に医療用に改造したハイエースが着いたんですが、何とびっくり、運転席から出てきたのは宇宙服をも連想させるぐらいしっかりした防護服で、上から下までしっかり覆われてました。
もう明らかに「ここの家にコロナの人おるよー、出たよーこの家からコロナー!!」と言わんばかりの出立ちである。
自分はやっぱりご近所さんに知れ渡るのは気不味いと思い早く出発したかったんですが、さっきの荷物がなかなか車に入りません。
てっきり1人乗りだと思ってたのに、まさかの4人乗車。
そりゃあんな荷物入んないですよ。
宇宙服着たまま、他の人の荷物を退け一生懸命乗せようとしてくれてるんですが、いかんせん目立つ格好。
ご近所さんに会ったらどうしようってドキドキしながら宇宙服を応援してたんですが、何とか乗り無事出発できました。
多分、ご近所さんの格好の井戸端会議のテーマをプレゼントできた事でしょう。
移動中の車中は他の人も割りかし元気そうな人が多く、咳をしてるのも1人だけでした。

ホテルに着き部屋のドアを開けたんですが、そこはアパホテル。とても綺麗で1人で寝るには充分な大きさのベッドです。普段の出張で泊まってたなら「さあ、飲みに行くぞ!!」とワクワクする瞬間なんですが、これから1週間近くその部屋から一歩も出たらダメってなってるので自分には牢獄に見えてしまいました。
と、そんな暗いネガティブな思考が起こさせたのかもしれませんが、次の瞬間「あ、終わった!!」となる出来事が起きました。
持ってきた大量の飲み物やフルーツを冷蔵庫に入れてたんですが、冷蔵庫とベッドの間が狭い。その狭い間を変な姿勢で入れてると腰から「バキ!!」と感触がありました。音は鳴ってないでしょうが感覚的にはまさしく「バキ!!」でした。自分はこれまで腰痛はしょっちゅうありましたが、ギックリ腰は初めてです。言葉にならない声で四つん這いになりながら「アグググ」と唸っていたんですが、そこだけを見られたらどんな凄いプレーを堪能してんねやって勘違いされてもいいくらい悶絶してました。
これが気持ち良い方で悶絶してたら良かったんが、痛い方で悶絶してたんで地獄ですよ。
入所して10分でまさかのギックリ腰です。
もうコロナしんどいとか忘れてしまうぐらいの痛さでした。
夜、看護師さんから健康状態について電話がかかってくるんですが、ギックリ腰をやったと伝えました。
でもふざけた事にコロナ以外は全く興味が無く、下の階までアイスノンを取りに来いとかぬかすんですよ。
「緊急以外は我々は行けません」とか言うから「今、緊急じゃ!!」とちょっと声が大きくなりました。
薬も市販薬のロキソニンしか渡せず、しかもそれを飲み終わったら自分でネットで注文しろなどとぬかしてきたから、「ほなこの部屋で熱湯こぼして大火傷しても何もしないんですか?」って聞いたら「そのような場合は」とか言うから間髪いれずに「俺にとったら一緒じゃ!!」と言っちゃった。
多分、鬱陶しい患者でしょう。
ロキソニンのお陰で今はだいぶ良くなりましたが、ギックリ腰は癖になるって言うし、ネットで調べたら安静するより動かしといた方がいいって書いてたけど、こんな狭い部屋じゃ無理やし困ります。
コロナだけやったら大した事なかったんですが、まさかのギックリ腰のダブルパンチ。
1番大切な事ってなんですか?って今聞かれたら何の迷いも無く「健康!!」と答えます。
お金は大事かもしれませんが、この国でお金が無いから餓死するって事はまず無いです。
これからは神社に行くと「家族の健康」とだけお祈りしようと思います。

あ、そんな家族ですが、奥さんと娘に陽性反応が出ました。
俺が家族の健康を壊しとるんやんけ!!

コロナ日記

コロナになりました!!

そうなんです、私、コロナに罹ってしまいました。

と、こんな事を書いていると、「お前、コロナに罹って皆んなに迷惑掛けてんねんから神妙にしとけよ!!」
と、お叱りを受けるかもしれないんですが、今はホテル療養2日目。体調は熱も下がり食欲もバッチリあります。
小さいビジネスホテルの部屋の中で誰とも喋らず1人でいると気が狂いそうなので、どうか勘弁してください。

それでは、発熱した日から思い出して書いてみます。

9月20日月曜祝日
この前日、自分の父親の誕生日で実家で過ごしていました。
実は私、アルコール除菌を1ヶ月近く止めてたんですよ。手に付ける方ちゃいますよ、体内に取り入れる方です。
何で止めてたかと言うとそれを話すとまた長くなるんですが、平日は毎日休みなく37%のウイスキーの瓶を2日で1本飲んでました。休日前だとさらにリミッターが外れて数えれないぐらい飲んでました。
ずっと減らしたいと思ってたんですが、休肝日を作ろうと思っても朝だけの意思で夜になればまた酒を持ってレジに並び、週末しか飲まないでおこうと月曜日の朝に決意しても月曜日の夜には酔っ払ってる、そんな毎日でした。
もう、これは禁酒は無理だと。って事で断酒にしたら意外とお酒止めれてました。

そんな感じで暫く止めていたお酒を父親の誕生日って事でめっちゃ飲みました。
そして翌月曜日、もちろん朝から頭が痛いです。
「ウヒョー久しぶりの二日酔いだぜ!!やっぱり酒最高!!」などと酒の余韻に
布団の中で浸っていたんですが、二日酔いにしては体がめっちゃダルい。
でもまだその時は、「さすが、1ヶ月酒止めてただけはある。体もびっくりしてんねや。」
などと、まさか自分がコロナに罹ってる何て夢にも思わなかったです。
しかし時間が経っても一向に頭痛が治る気配はなく体のダルさも増してきてました。それでも絶対病気って認めず、ただの二日酔いやと自分に言い聞かせてました。
更に時間が経過すると治るどころか体のダルさがMAXを迎えました。
今まで検温は絶対にせんとこうと思ってたんですが、ここでついに体温計という白い刀を抜いてしまいました。
自分の感覚では39度ぐらいあると思ってました。
そして「ピピピ」と乾いた音が鳴って恐る恐る体温計を見てみると
「37.2」
まさかの今どこのお店でも入る時にやられる検温チェックをもパスできる体温。
いくら関西人特有のリアクションが大袈裟な自分でも「37.2」でこんなしんどいフリはしません。
もう一度測りました。
「ピピピ」と乾いた音と共に見てみると、何と
「37.1」
落ちとるやんけ!!
と体温計にツッコミをいれたんですが、こんな微熱にしては体のダルさが普通じゃないと思い、そこで初めてうっすら「コロナ?」
と怖くなりました。
こりゃ次の日仕事も稽古も休んで病院行った方がいいなって思い、37.1度のしんどい体を無理に起こし各方面に電話しました。
その夕方初めて38.0が出ましたが、やっとしんどさと体温が少し近づいたんで少し嬉しかったです。

9月21日火曜日
朝から体のダルさは酷いものの熱を測っても「37.5」とかの微熱です。ただ、自分にしては珍しく食欲もなく、何かカロリー摂らなあかんと思い無理矢理アイスばっかり食べてました。

病院に着くと思った以上に閑散としていました。
唾液を摂取され検査結果を聞こうと思うと、何と2日後迄に連絡しますとのこと。
しかも陽性者のみに連絡するらしく、陰性だったら何の連絡も無いらしいです。
何やねん、そのアルバイトの面接の結果発表の逆みたいなんわと思ったんですが、その後、結果を聞かずしても自分がコロナだと確信する出来事がありました。

お家に帰り、病院に行ってきたので色んな菌も付いてると思うから体はダルいんですが直ぐにシャワーを浴びる事にしました。
そしてパンツを脱ぎ素っ裸になった瞬間「昨日も風呂も入ってないし、飲み物も沢山飲んで汗も沢山かいたし、俺の股間はどれだけ臭くなってんのかな?」と、自分自身の臭いを嗅いで興奮したいという、変態的な考えが頭をよぎり早速ご賞味してみました。
「全然臭くなーい!!2日も履いたパンツが全然臭くなーい!!俺も40歳を超えて立派なオッサンになったけど全然体臭せえへんやんけ。イケてる俺ーーー!!」って最初は思ったんですが気づきましたよ、「いや違う、そんな訳がない。これがコロナで嗅覚がしなくなるってやつかーーーー!!」って。
何かテレビに出てる有名人に会った時の様に何故か嬉しくなり、何回も何回も自分のパンツの股間の部分や肛門の部分を嗅いでました。

そんなこんなでほぼコロナと確信しました。

9月22日水曜日
朝からダルさや体温は変わりませんが、食欲は出てきました。
しかし相変わらず臭いと味は全くしません。
全くです。

でも心の中でコロナじゃありません様にってお願いしてました。
陽性だと電話が来るので、電話の音が鳴る度ドキッとしてました。
そしてまた電話が鳴り、出ると「川西市保健所です」と言われました。
何となく分かってはいたんですが、いざ本当にかかってくると頭の中は真っ白になり溜息が漏れました。
奥さんにも勿論伝えなきゃいけません。
きっと、さぞ心配するだろうと。
今は軽症でも急変するって聞くし。
そこであえて明るくミルクボーイっぽく「いやー今ね、コロナ陽性反応を頂きましたー!!こんなん、なんぼあってもいいですからねー!!」
って空元気でも心配されない様に頑張って言うと、奥さんからはまさかの信じられない言葉が。
「ウワー最悪やー!!どうすんの子供達は?」
と、まるで全く自分の体の事など心配なんかしないお言葉を頂きました。
そして子供達にも伝えたら、椅子に座っていたのに立ち上がり、バイキンから逃げる様に走り去っていきました。
そして息子が近づいてきて慰めてくれるのかな?と思ったら、手に持ったアルコールスプレーを思いっきり顔面に吹きかけられました。
彼には俺がバイ菌にしか見えていない様です。そうなったら俺もバイ菌役に徹するだけです。
アルコール銃を持った彼を追いかけ回そうとしたんですが、速攻で奥さんから「ほんまにそんなん止めて!!」と注意を受けました。
おもんない奥さんやわ。

って事で保健所の人とも話し、ホテル療養となった訳ですが、それはまた明日から書きます。時間はアホほどあるんで。

で、今回一つだけ確信を得た事があります。

「酒は百薬の長!!」

酒止めたからコロナになったんや!!

歳やなー!!

自分もいつの間にか40歳を超える、今年43歳です。
でも絶対に言わないと決めてる言葉があります。

「歳やなー!!」

この言葉だけは何歳になっても言いたくないです。

この前のお正月、家族で実家に帰った時に子供達と久しぶりに鬼ごっこをしました。
最初、小3と小1の子供なんて余裕っしょって思ってたんですが、一歩走り出したらしんどいしんどい。
でもね、別に子供達が特別速くなった訳じゃないんですよ。
自分が遅くなってるんですよ!!

これは歳のせいで遅くなってるんでしょうか?
ちげーよ、ただの俺の運動不足だよ!!
全く「走る」って事をしてなかったですもん。
子供は意味わからず、いつも走るけど、大人になったら「さあ、走ろ!!」ってならな走らないですからね。
もうちょっとで危なく歳のせいにするところでしたわ。

って事で、今年に入ってからマイペースで走ってます。
そんな長い距離や速いスピードじゃないですが、終わったらめっちゃ気持ちいいです。

大人になって働きだすと「サー、運動すっぞ」ってならなきゃ運動をしなくなります。
そりゃ体力も落ちますよ。

さあ体が動かないのが歳のせいにしてるそこのあなた。「さあ運動すっぞ!!」ってなろうぜ!!

 

心配事

自分は今、凄く凄く心配している事があります。下手したら逮捕されるかもしれない事です。

それは何かと言うと、自分には子供がいます。

そりゃ、自分の子供なんで目に入れても痛くないぐらい可愛いです。

でも2人いる子供の上の長女はもう3年生で、ホッペにチューもさせてくれません。

「ほんまに止めて、キモい」とまで言われます。

しかし下の1年生の長男は、まだホッペにチューをさせてくれます。

本当に至福の時です。

しかしこれが後何年させてくれるんでしょう?

まだ今のお姉ちゃんと同じ3年生ぐらいやったらさせてくれるかもしれないです。

物事の判別が付くだろう4年生でさせてくれますか?

声変わりした中学生になった息子と自分がチューしてたら、それこそ危ない奴らですよね。

そう思ったら息子にチューが出来るのも、後2年ぐらいです。

自分はその後どうしたらいいんでしょう?

こっからですよ、心配な事は!!

道場に入門してきてくれた小さい子に「アー、ウチの息子もこんな可愛い時があったなあ。ほんま可愛いなあ。チューしたいなあ!!」

と、思ってしまわないか、凄く心配しています。

これ、チューしたら犯罪ですよね?

ほんならどこまでがいいねん!!

息子がまだ幼稚園に通ってる時、女の先生が子供らをハグすんのは許されて、いや許されると言うよりは率先して「ハグはいい事だ」みたいにやったけど、男の先生がそんなんしたら犯罪ってなるやん。

俺もいいんやったらハグしたいわ!!

でもしたらアウトでしょ?じゃあ我慢します。

もちろんチューもしません。

その代わり全身全霊で「空手とは、いや、強くなる事とは!!」と小さい頃から指導したいと思います。

僕は小さい子が好きです。それは「可能性の塊」だから。でもその「可能性の塊」が大きくなるにつけ段々溶けてきます。その溶ける前に、少し注入したい物が自分はあります。j

 

 

死亡率100%!!

知ってますか!!

死亡率100%なんですよ、人間は。

そう、人間は悲しいかな、いつか死ぬんです。

このコロナ騒動で、日本で残念ながら亡くなってるのは、ほぼ高齢者です。

高齢者がいつかは亡くなるのが当たり前です。

その当たり前のせいで、小学校の修学旅行は無くなりました。

例えば90歳の人がコロナにかからず1年長生きするのと、小学6年生が1泊2日の修学旅行で得る色んなドキドキとどっちが大切ですか?

90歳の人に早よ死ねとは言いませんが、絶対に修学旅行ですやん。

でもそれが、ご老人の長寿の方に世間が支持しました。

絶対おかしいって。

俺、今でもメガネをいつもかけてた初恋の子が、修学旅行でメガネ取った顔見てドキドキしたの覚えてますもん。

自分が感じるこのウィルスですが、若い人は大丈夫だろう!!です。

若い人はこのウィルスで活動を自粛なんかすんなよ。

老人にうつったらどうするんですか?

いつか人は死ぬねん。

 

独り言

深夜と言ってもいい、23時過ぎに俺は1人で喋る。

正確には1人と無数の魚達と。

寝る前に毎日飼っているドンコにミミズをあげます。

その時「今日もよく食べるな!!」とか「オイオイお腹空いて無いんか?」などと魚に向かって普通の声で話かけけます。

同時に「今日さ、こんな嫌な事があってんで」などと口に出して話しはしません。

でも、次の日になったらその嫌な事は全部忘れさせてくれます。

多分、魚達が話さなくてもその嫌な事をミミズと一緒に食べてくれてるんでしょう。

ありがとう魚達。

 

神様

先日、息子と釣りをしていると唐突にこんなことを聞いてきました。

「ねえ、神様ってどこにいるん?」と。

自分は巻いていたリールのハンドルを止め、暫しの沈黙の後、人差し指を自分の胸に当て「神様は自分の心の中におるんやで」と答えました。

そして
「産まれたばかりの赤ちゃんの時は、心の中に皆んな全員が綺麗な綺麗な神様がおるんやで。でも人の傷つく事や、嫌がる事をしたらその分少しだけ悪魔になるんや。ゴミを道に捨てたら神様がその分汚くなるんや。でも反対に人が喜ぶ事をしたらその分素敵な神様になるんや。例えば電車でお年寄りが乗ってきた時、席を譲ったら神様がちょっと綺麗になるんや。だからいつもその心の中の神様を育てるようにせなあかんねんで。」

と、懇々とそんな事を語っていると自分の話を遮り息子はこう言いました。

「その話、もういいわ。」

欲しい物

もっと銭が欲しい!!

イカした女が欲しい!!

20年前の自分は40歳代の男はそう思うのがカッコいい。そう思わないとダメなんだ!!

と、思っていました。

万一結婚してても、女房子供は泣かしといて、「女遊びも芸の肥やし」これができる男や!!とさえ思っていました。

そんな事を思ってた20年後の今の自分の1番欲しい物は何でしょう?

「子供と一緒にいる時間!!」

ハイ、キモいですね。

反吐が出ますね。

そんな事言う他人がおったら絶対友達にはなれません。

20年前の自分が知ったら泣きながら胸ぐら掴んでこう言ってくるでしょうね。
「どうしちゃったんだよ、20年後の俺?何があったっんだよ?そんな腑抜けな事言ってねーで、子供なんてド突いて、飲みに行こうぜ!!」って。

そしたら今の自分は、胸ぐらを掴んで来た若い自分の鼻に頭突きを入れながらこう言うでしょう。
「アホか、俺らそっくりの小さい奴おったら可愛いに決まってるやんけ!!しかもおもろいねんぞ。何するよりも楽しいわ!!」と。

人間の考えなんて変わる物です。

ひょっとしたら更に20年後、お金が絡んで大きくなった子供達と骨肉の争いになってるかもしれません。

でも今1番欲しい物は「子供と一緒にいる時間」です!!